スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マァ大変ね。(近況報告その1)

その日、私はどうしても目玉焼きが食べたかった。

朝食時、フライパンに割ったタマゴは黄身が潰れて何とも言えない哀愁を感じさ
せた。
またコーヒーを切らしたせいで、トーストに緑茶という斬新な組み合わせが生活
リズムをいきなり変拍子に切り替えた。


食べれないと食べたくなるもので、どうしても目玉焼きが頭から離れなかった。

単品で出すレストランは知らない。

そうだ、ハンバーグの上になら乗っかってるはずだ。


しがない田舎道にある定食屋に入ったのもその日のリズムが変拍子だったせいな
のだろう。

ハンバーグ定食。

店先にあるディスプレイには愛しい目玉焼きがハンバーグの上に乗っている。
迷わず、定食屋のドアを開けると同時に元気よく注文した。

ハンバーグ定食ひとつ。

それほど待つ事もなく、さも私がそれを食べる事を知ってたが如く素早く運ばれ
る。

何かがおかしい。


ディスプレイのそれとはよく違う事はよくある事だが、これは明らかに違う。

ハンバーグの上に乗る目玉焼きは、大体の場合、ハンバーグに密着して程よい半
熟なのだ。

しかし、この目玉焼きはハンバーグを嫌うかのように反り返り白身が見るからに
カピカピなのだ。

焼き過ぎじゃね?

しかし、ここは洋食屋ではなく定食屋だ。
多少の誤差はあって仕方ない。

寛大な私は、スッと黄身に箸を入れる。

黄身が溢れ出しハンバーグへと流れる、グルメ番組で一番喉をうならす瞬間。

…のはずだった。

箸は、何と黄身を吊り上げてしまった。

違う意味で唾を飲む結果となってしまった。

トロリとした黄身の姿はなく、口中の水分を奪い去るパサパサに変化した黄身、
アクセントなる塩こしょうがとてつもなくキツく、それでいて苦味を擁し、ご飯
で掻き消す仕組みになっていた。

主役のハンバーグは、肉汁を封じ込めたというよりは固まったというような猫舌
の方や夏にうれしい寒冷仕様で、ご飯で温めて食べるという新スタイル。

二度と行かないぞ!

そう誓った午後。


帰宅して夕飯にと、タマゴを取り出す。

フライパンを取ろうとタマゴを台所に置いたその時だった。


グシャッ。


フライパンへ飛び込むはずだったそれは床へとダイブし、悲惨に飛び散った。


まさか…。

私は床を掃除した。
その姿は、まるでハウス食品が提供した名作劇場のヒロインのようでもあった。
おしん。
ハイジ。
セーラ。
80年代のドラマやアニメが汚れなき少年だった頃の僕を思い出す。

あぁ僕はどうして大人になるんだろう?
あぁ僕はいつ頃大人になるんだろう?
武田鉄矢の歌声が脳裏に浮かぶ。


僕は死にましぇん。



アホか、はよ片付けれ。


帰宅した父親に叱られつつ、当時を思い出して言った。



大きくなったら父ちゃんみたいになるよ。



は?馬鹿かキサン。
俺みたいになりたい?
なれるか、アホか。
いい加減、出ていけ。
独立せぇ。



独立から時代の波に押し戻され、今に至る私。(詳細は前記)
哀愁を漂わせつつ頑張っております。

近況報告としまして、まずは一筆。
スポンサーサイト

○○出来るうちが花。

ついに押し迫ってきたぜ。

事務所の引越し作業が終わり、明日でここにあるPCも撤去だそうだ。
休載宣言してからも何とか楽しませたいというか自分が楽しみたいという一心で、
こっそり記事をあげていた一ヶ月。

んー。
もう無理っぽいぜ。

現場作業で必死に機械と戯れるしかないか。

仕事もどうなるんだろな・・・・。


正直、不安ではあるが。
今こそチャンスではある。
と、どこぞの前向きな方が言わっしゃる。

なんだかジジクセェ話でもするか。
これまでの経験から、後世へのアドバイスとするなら・・・。

まぁ仕事に対して鬱憤不満はあるだろうし、上司に不満もあるだろう。
あるいはその逆も。
しかし、部下にはわからない苦労が上司にはあるのだ。
また上司が気づかない部下の苦労も然り。
その立場に立たんとわからんもの。

『仕事できるうちが花』

そんな悩みなんかは、仕事しているうちしかできない。

仕事に限らず、学校なんかでもそうだ。
家庭に入っててご近所との付き合いなんかも。
人間関係に悩むことがあるかもしれない。

他人なんだから全て自分の望む通りにはいかないのが世の常だ。
辛いと思って、踏ん張るかどうするかは自分で選択することだ。
自分の納得できる方向で決断すればいい。

その決断に、他人の意見や考えを参考にすればいいだけのこと。



『形あるものは、壊れる』

登りがあれば降りもあるもので、それで調和が保たれている。
誕生、栄光、衰退、廃墟そしてまた誕生。
形をなしているものはいつかは壊れる。
それが世の常と思ってれば慌てることもない。


『世の中、甘い話はない』

どこぞで儲かるだとか、こう不況になるに連れ、
また一転して好景気になるに連れ増えてくる詐欺まがいの話。
世の中、甘くはない。
甘い思いをしたのは一部だ。
その話が出てきて噂になってる時ほど、危ない。


まぁ最後は、しおらしく大人しめに。
では。

飲んだちゃ、飲んだ。

『こらっ!何勝手にビール飲みよんね?』

冷蔵庫のビールを勝手に飲んだ事を叱られている。

しかし私は出来上がりつつあった。
さらに例の大臣についてテレビで放映された影響からか、つい。
「ゴックンを飲んだと言うならゴックンはしていない。」
『飲んでるやないか!』 パシッ

えぇ。
これが大臣と一般家庭のやり取りの違いです。

もちろん『ガンバレ、日本一』と言ってくれるわけがありません。

いやぁ、びっくりしました。
男性用の下着。
普通にトランクスを買いに行ったんですよ。
ボクサーパンツが流行ってるみたいですが、
どうもブリーフとトランクスの中間的な中途半端さがダメなのと締め付けられるのが苦手でしてね。
締め付けられ過ぎて痛みから病院行きもありまして。
医者が言うには褌かトランクス。
褌は、なぜか興味わかず。

不思議なのが下着売り場に異性の店員がいらっしゃるんですね。
しかもお若い。
で、最近には珍しく積極的に商品説明して戴けるわけでして。
疑問に思ったら聞くのがスタンスとしてあるので、つい。
「ねぇ。履いてみたの?」
『え?いえっ。あの…ですね。』
斜め上な質問に、ベテラン店員なら『履くわけないじゃない』で済ますでしょうが、
何と言ってもお若い。
赤らめた顔に何故かキューンとしちゃいまして。
「商品ってのはさ、人に薦める前に自分でテストしないとね。下着なら履いてみなきゃ。」
売り込みのイロハを優しく伝授する私。
やってしまいました。
これで終わってりゃ、前向きな人にとっては、有り難い言葉。
悪くてもウゼェで済んだんですよ。
しかし、ここからが本領発揮なわけです。
「彼氏いるんでしょ?」
『え?何?急に?』
「男なら惹かれるもん。」
『いるっちゃいますけど…、え?何で?(笑)』
まんざらでもない様子。
書いてて思った。
なぜ別の目的だとこんなに会話がスムーズなんだろ?
そんな事はいいや。
とにかく赤ら顔な店員さんに悪魔ァが忍び寄る。
「彼氏の履いてみた事ないの?」
『ないですよ(笑)』
んー、質問からして変態ですねぇ。
「彼氏に買って、試しに履いてみればいいのに。」
ここで、はたと気付く。
「あっ、失礼しました。すみません。」
『いや、びっくりしました。』
それから打ち解け出した店員が薦めてきたのがブラジャー。



?マークになるのも無理はないが、驚くなかれ男性用のブラジャーが本当にあるのである。
服の上からだがあてがわれた。
が、胸囲がある私には合わない。
年配夫婦からは異色な目で見られる。
そんなことはおかまいなしに、次から次へといろんな色を持って来てはあてがう店員。
変態視しながら小学生と思しき集団が、見てはならぬものを見たように視線を急いで外す。
「見ぃ~た~なぁ。」
そんな表情で蹴散らす私。
調子づいてあてがう店員へ。
「縛るのは好きだが縛られるのは嫌だな。」
『えぇっ、東京なんかの都会じゃ流行ってますよ。』
都会って言葉にグラッグラに揺れ動いたが、流石にいらねぇや。
「これ付けたらさ、NOTEのCMに出れるかな?ウィーアーゴールデンエッグ♪」
『それはないと思いますよ。』
淡々として寂しかったので、ゴールデンエッグのアノ声を真似て、
「筋力サポーターじゃないブラなんていらない。」
そう言って帰って来ましたよ。
先程の年配夫婦に別の店で出くわしたが互いに視線意識してました。
買い物袋に視線がきてました。
無罪をアピールするのにブラジャーではなくトランクスだと見せるか、
しかし、
そうなれば他の人には下着見せてる変態となる。
それに、
あんなに見せびらかして、よっぽど新品の下着が嬉しいんだろな
とか勘違いされても困るし。

ブラ装着、人生のターニングポイントだった。

下着だけに…、新しい”世界の扉”が開かずによかった。

ヘビーローテーション。

私は、音楽を車でよく聞いている。

以前紹介した洋楽はもとより、その他にも色々と。


ブランデンブルグ協奏曲(バッハ)なんかも聞くのだ。


もちろんヘビーメタルも聴く。
スラッシュだけでなく、プログレ、様式美からデスメタルまで。

わかりやすく言えば、
うぉおおおおって唸ってる歌声やギターやドラムで頭おかしくなりそうな音楽。
雑音と一般人が感じる音楽で癒されてるような私がだ、
最近めっちゃめちゃ聴きまくってる音楽がある。







”犬のおまわりさん”










ほかにも


”さっちゃん”


”森のくまさん”


”糸巻き”
いーとーまきまき、いーとーまきまき 引いて引いてトントントン♪


渋く決めたい時は、
”北風小僧の寒太郎”



なっ。
童謡熱唱してんのよ。
なんでか?
これが私が幼少期の頃聴いてたカセットテープが出てきたのよ。
これをダビングし直してだね。

心地良いんだね。
”糸巻き”なんて、脳内リピート高いんだ。
運転しながらだから、本当に轢いちゃしないか気をつけるんだがね。


北風小僧なんか、間奏部分の口笛で涙出そうになってね。

「なんて大人になっちまったんだ。」
ってね。

いっそ、首くくろうかなんて、今日もまたネクタイ締め直すんですよ。
その分、ベルトは緩めてね。
そのうち花畑牧場のチーズみたいな格好になるんじゃないかって・・・。

さてと。
今日も熱唱してくるか。

サッチャンはね、さちこって言うんだ、ホントはね。
(偽名かよ!普段、なんて呼んでるんだ?パトリシアか?まさかサッチャーじゃあるまいな。)

年齢バレバレ。

若すぎるってね。


精神年齢が・・・_│ ̄|○

はぁ。

結婚してぇ~。


幸せそうな二人を見てるとそう思う。

弟宅より更新。

家に工事業者が入るというが、二人とも仕事。
弟は突発(突然の出勤のことらしい)とのことで、
『マァちゃん暇でしょ?今から迎いに行くから少し留守番して。
ネットでもしながら。後、ビールも置いてあるから。』

「おいおい、俺がビールくらいで釣られると思ってたら大間違いだぞ。
って、ネットがあるのか?」

『うん。それでね、工事業者が来るんで留守番も・・・。』

「ビールにネットか・・・。」

『つまみもあるよ。』

「仕方ねぇな。」


ってことで、来たんだ。


でも、一つ問題がある。
ビールにつまみはわかる。

問題は、工事業者だ。

ビールを飲んでて思ったんだ。


小便してぇな。


田舎なら小便くらい立ッションでなんとかカバーできる。
畑の肥やし、スマートに言えば液体肥料なわけだ。
しかも、やや都会の閑静な住宅街。
一歩間違えば、変質者。
間違いなくおまわりさんが駆けつけ、手を拘束する。
そして、よくTVで放映されてるように皮肉にも便所スリッパ履いてワゴン車に乗る。
ブルーシートで玄関からワゴン車までの道を覆われて。


いかん、それは出来ん。

工事業者は、便所の工事(ウォシュレット)と玄関前と門の工事(インターホン)をしている。
便所は閉鎖され、ブルーシートで玄関から門まで覆われている。
迎えに来てもらってたし留守番なので、
日曜日のおとうさんな格好(つまり便所スリッパとはいかぬともサンダルを履いてきている)。

そう準備は整っているのだ。


あとは、私が外で液体肥料を放出するのをおまわりさんが隠れてスタンバってるに違いない。

工事業者も今日の男女雇用機会均等法で、なぜか女性がいるのだ。
男同士なら、
『おい、アンチャン。やめろよ、だらしねぇなぁ。』
くらいで済んでるはずだし、せいぜい下半身の正宗を見定める程度だ。

しかし、これが女性となると話は別である。
正宗を出そうモノなら、即おまわりさんがワッパを掛けて、サンダル履いてブルーシートを潜り抜け、ワゴン車へというウルトラコンボな状況が出来上がってしまうのだ。
いや、3歩譲って、2歩下がっても
『見事な露払い。』
等とは言うはずもなく。
ましてや、
『そんなところに脇差なんて・・・ぷっ。』
等と言われた日にゃ、文字通りタチなおる事も出来ない。

我慢するしかねぇか。
ビールってやつは、飲むとどうしてあんなに催すものなんでしょう。
こんなに飲んだか?ってトイレで驚くことよくありますね。
しかし、我慢するに連れ変調をきたすわけよ。

まず、手足が冷たくなる。
そして、小刻みに震える。
次に、身動きすらやばくなる。
なんだか頭が朦朧としてくる。
もういいや、出しちゃえと脳内で葛藤が始まりだす。
決壊。
となるわけですが、何とか決壊寸前に便所工事が終了。

すまん、弟よ。
一番風呂ならぬ一番便所させていただきました。

あの女性工事士は、小便なのに大便並みに時間掛けたと思ったに違いない。
でもこの開放感・・・。
とは、ならぬのだ。

一気に出れば、開放感も得ることが出来たろう。
しかし、チョロ。。。ちょろっ。。。。ちょろり。
タラ~って感じで長い長い。

もう終わるだろうなって思ってると、体内の別のタンクが開きだす感覚でまたタラ~。
出してる私はダラ~。
顔はホケ~。
湯気がモワ~ンな感じでね。

『相当我慢してたんですね。ははは。』
外で工事士が待ってましてね。
笑われましたよ。

んで、告白されたんですよ。

『あのここに、サインください。』

見ると茶色の用紙。
婚姻届じゃ・・・。

我慢した甲斐があった。
この我慢強さに惚れたのか?
貴女の為なら・・・・多少難ありだが、工夫次第で頑張れると思うよ。

そう思いながら、もう一度用紙に目を通す。
完遂届・・・・・。

「なん、これ?」
『はい、工事終了時にお客様にご確認頂いて、サインをいただくように言われてますので。』

「まっぎらわしい、婚姻届かと・・・。あ、いやこちらの想像の話で。」
怪しまれながら、ときには哀れまれながらも営業スマイル。
思わずキスしたくなっちゃいました。

日曜日のおとうさんなラフな格好ですけど。


そして留守番の続きである。

部屋にポッツーン。

こうして、キーを叩く音だけが響く。
たまにビープ音が蒙古斑があった辺りから、ニオイとともに嗅ぐわする。

「くせぇ。(笑)」

しかし、部屋にはキーの音。
たまにビープ音。
時々、ゲップアヒルの物まね、グァッ。


部屋中に二人の仲睦まじい写真。



はぁ。
真面目にお付き合いしてくれる方いませんか?


婚活するか。

職業、もうすぐ準社員。
だめだ、こりゃ。

正宗も錆びつく時間の問題。

結婚してぇ。
ブログ居候、Q&Aのコーナー

Author:マァー☆
(─┬─___─┬─)ヨーク

また、どっかで!!
ネット環境がある限りは、
たぶんチラホラ、コメントしに行きます。

mar_shock_lion@やほー.ね.じぇいぴー

それでは。

( ―・─ _____ ─・─ ) ミロ

=============
このサイトに記載されている
記事や作品を無断で、
使用しないで下さい。
著作権は管理人にあります。
=============

小難しい迷路
QR
気まぐれにカウントした数
強制参加中!!皆勤賞狙ってます。
↓面白い記事、専用入り口

FC2Blog Ranking

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
↓当ブログを紹介・支援してくれたブログ↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。